真剣さが大事

照れ隠しで冗談半分で伝えるのではなくて真剣な思いが大切です。

雰囲気作りをしよう

相手とデートを重ねることが出来ればお互いにそれぞれ友達以上の恋人として関係を築いていくのかそれともやはり友達としての行くのか、お互いにそれぞれ別の人に照準を当てるのかを決めることになります。

もし自分がこの人と付き合いたいと思ったら告白をして自分の気持ちを伝えなくてはいけません。

その告白のタイミングは三回目で伝えることが一番可能性が高いです。というのは恋愛マニュアルとか女性雑誌などの告白の特集なんかでも一番お互いの気持ちが盛り上がっているのが三回目と紹介されています。

恋愛に関する様々な場所で告白は三回目で伝えるとなっているため世間的には三回目で告白をされたいとか告白をしたいという認識です。

つまり三回目のデートにこぎつけることが出来たら相手も告白をそろそろされるかもしれないという覚悟で来ています。告白をされるとわかってくるということは相手も付き合っても良いかなって思っているわけです。

その気持ちで来るわけですからしっかりと伝えなくてはいけませんよね。

まずは真剣に相手に気持ちを伝えることが何よりも重要です。相手の目を見て対面してしっかりと伝えることが大切です。

照れ隠しでナヨナヨした感じで伝えたり冗談半分で「付き合ってみない?」みたいな軽いのりで伝えるのだけは止めておきましょう。

また告白をする場所も夜景が綺麗だったりイルミネーションが綺麗な場所で伝えることが大切です。

自分が出来る最大限の努力をして告白をすれば例え相手からの返事が駄目だとしても後悔しないで次に進めると思います。

これが適当に伝えて駄目だったらもっと真剣に伝えておけばよかったとか後悔しか残りませんので是非とも告白をするときは恥ずかしくてもしっかり伝えましょう。