難しい公的な文章で届く

誰もが一度見たらドキッとするような難しい文章で書かれています。

冷静に判断をする

インターネットが苦手な人だったりご年配のかたが騙されてしまうのが架空請求メールです。

今の時代はインターネットが欠かせない時代になってきましたが、それでもまだまだ仕事柄インターネットを使わない仕事で働いているとか、ご年配の方になるとインターネットは良く分からないから利用していないという人もいますよね。

そんな中でも出会い系サイトを利用して出会いを求めようとする気持ちは非常に大事だと思いますが、だからこそ架空請求メールにだけは騙されてはいけません。

出会い系サイトに登録をしてしばらくしたら料金の支払い催促メールが届きます。

最後通告!とか資産の差し押さえ!みたいな一瞬ドキッとするような見出しで届いてきます。

中を開くと難しくてさも弁護士や行政が書いたような難しくて長文の内容で見れば不安になります。

不安になってついつい払ってしまうという人もいるかもしれませんが一度でも払ってしまうとその後もどんどん支払い催促メールが届くようになりますので気をつけるようにしましょう。

架空請求メールが来ても慌てず冷静に対処をしましょう。

架空請求メールの中身を見ると支払先や連絡先が書かれていますのでまずはインターネットで調べてみましょう。まず悪徳業者のサクラメールと書かれています。

またどうしても不安だと思ったら生活消費者センターなどに相談をしましょう。

とにかく自分の身に覚えのない支払い催促が来ても相手にしてはいけません。本当に支払わなければいけないものだったら書面で届きます。

書面で届かない限りは支払わないようにしましょう。