受け取り側の気持ちを考える

送ったほうは満足するかもしれませんが見る側は大変です。

200文字以内を目安に

質問だらけの長すぎる文章を送られてきたら相手は気持ちが滅入ってしまいます。

女性の場合は完全無料することが出来るところがほとんどですが、男性の場合は出会い系サイトを利用すればするほどお金がかかるところが多くどうしてもなるべく費用を抑えたいということもあって一回のメールを送る際に自分の情報を伝えたり逆に相手の事を知りたいと思います。

だからこそ一回のメールがついつい長くやってしまいがちです。

しかし、送り手側からしてみれば一回でこれだけの情報を伝えられてアピールできただろうと思って満足をするかもしれませんが、受け取り側からしてみれば一度に質問だらけだったり、長すぎる文章を送られてきてしまったら見るのが面倒ですよね。

例えばメールのやり取り上どうしても長い文章を一回送ってしまったとかならばいいですが、毎回質問攻めで見るのが面倒と思ってしまうメールを送ってしまったら相手は見る気をなくしてしまいます。

送り手が満足するのではなくて見やすく分かりやすいメールをちょくちょくやり取りをしたほうが全然気が楽なんです。

結果的に長すぎる文章を送り続けて会えないのと細かくやりとりをして出会うことになるのであれば後者のほうが費用はかからないものです。

大体一回に送るメールの文字数を200文字以内にまとめておきましょう。人目で分かるぐらいのメールのやり取りをしていきましょう。